いつまでもキレイでいたい女性のために

美マコスメ

スキンケア

重曹足湯は本当に効く?効果や正しいやり方、デメリットも徹底解説

更新日:

重曹足湯で臭いケア

家に帰ったら、玄関が足の臭いに包まれてしまった…。
飲み会の席で、足が臭くて靴を脱げない…。

そんな経験はありませんか?

しつこい足の臭いって、気をつけていてもなかなか治らなくて困る!!
マコ

でも、自宅で簡単に足の臭いをなくすことができる方法があります。
それが「重曹足湯」です。

ここでは、

  • 足の臭いの原因
  • 重曹足湯のやり方
  • 重曹足湯をもっと効果的にする方法
  • 重曹足湯のデメリット

などを詳しく紹介していきます。

そもそも足の臭いの原因って何?

足の臭いの原因は?

そもそも明日はどうして臭ってくるのでしょうか?
足の臭いは、汗で角質がふやけて、さらに雑菌が繁殖することで発生します。

足のイヤな臭いの原因は、「イソ吉草酸」という物質です。

これは、納豆などにも含まれる物質で、足の汗や皮脂、古い角質などを雑菌が分解するときに発生して独特の臭いを引き起こします。

どうりで納豆っぽい臭いだと思ってたわ!
マコ

もともと、汗をかきやすい足の裏は、汗腺が体の他の部分よりも3倍から10倍ほどあると言われています。
だから、靴の中はいつも湿度や温度が高く、雑菌が発生しやすい状態になっているのです。

女性のブーツとストッキングの組み合わせはとくに最悪で、男性の足の5倍くらい臭うとも言われています。

このイヤな臭い、困ったことに水洗いだけでは落ちにくいという性質を持っています。
だから、入浴時に足を洗うだけでは臭いの改善がなかなかできないのです。

そこで重曹足湯の登場ね
マコ

重曹足湯ってどんなもの?

重曹は臭いケアに最適
お菓子を膨らませるために食用でも使われる重曹。
掃除や洗濯にも使われるので、すでに使ったことのある方も多いのではないでしょうか?

そんな重曹は、実は足の臭い取りにも使うことができるんです。
おすすめは重曹足湯で臭いの原因をしっかりケアしてくれます。

口コミ評判も絶大!重曹足湯の効果について詳しくみていくわよ
マコ

足の臭いの原因を中和してくれる

重曹足湯の一番大きな効果は、足の臭いを消してくれることです。

足の臭いの原因であるイソ吉草酸は酸性なので、アルカリ性の重曹が中和して、臭いを消してくれるのです。

汗や雑菌、角質が混ざり合うことでイヤな臭いが発生することを防いで切れます。

重曹足湯は角質ケアにも効果あり

重曹足湯は、足の裏の角質のケアにも効果的です。
角質がたまるとそもそもにおいの原因となるので臭いのケアに良いです。

また、かかとのひび割れに悩んでいる人は、ぜひやってみることをおススメします。

そもそも、足のかかとは皮脂腺が無いので乾燥しがちな部分となっています。
そこを体重や靴などで押さえてしまうので、ひび割れを起こしやすくなります。

重曹には肌の角質を柔らかくする作用があるので、このひび割れの改善にもよく効きます。

重曹足湯の後は、クリームなどを使ってしっかり保湿してあげると、より良い状態が保てますよ。

足の汚れを取ってくれる効果も

重曹が溶けた水は「超軟水」と呼ばれる状態になります。

水は、軟らかくなると汚れを落としやすくするという性質があるので、重曹足湯をすると、この超軟水の効果で皮膚の表面を傷つけずに汚れだけを取ることができます。

汚れをとることで雑菌が繁殖しにくくなり臭いを防げます。

血行促進効果もあり

足の臭いや角質ケアだけではなく、むくみ取りにも重曹足湯は効果が期待できます。

むくみは血液の循環が悪くなって、余計な水分や老廃物を排出する働きが弱くなって起こります。

排出しなければならない水分や塩分が体に溜まって、血流が悪くなっている状態です。

重曹には血行を良くして、血の巡りを良くする働きがあるので、むくみを改善してくれます。

血行が良くなるので、むくみだけではなく冷え性に悩んでいる方にもおススメです。

足湯でリラックスしながら、足の悩みを解消しましょ!
マコ

重曹足湯の作り方とやり方


用意するもの:重曹とぬるま湯、洗面器やバケツだけです。

重曹足湯の作り方

  1. 洗面器やバケツに38~49℃のぬるま湯を貯めます。
  2. 1リットルあたり大さじ3杯程度の重曹を入れてよく混ぜます。
  3. 前もって軽く汚れを洗った足を浸して、10~20分ほど待ちます。

これだけで、イソ吉草酸による納豆のような足の臭いが中和されます。

血行が良くなっているときにおこなうとより効果があるので、お風呂あがりなどにやるのがベターです。

ここで注意したいのがお湯の温度です。

60℃以上の熱いお湯を使うと、重曹水は強アルカリ性になってしまいます。

強アルカリ性の水は肌の乾燥を引き起こすので、足湯は必ずぬるま湯でおこなうようにしましょう。

また、効き目を高くしたいからといって重曹の濃度を上げ過ぎると肌荒れなどのトラブルの原因となってしまいますのでNGです。

使用する重曹の量も、必ず適量を守りましょう。
マコ

炭酸足湯でよりキレイな足に

クエン酸を加えて重曹炭酸足湯
重曹足湯は、クエン酸を大さじ2杯ほど加えると、「炭酸足湯」に変化します。

炭酸は、角質を柔らかくして落としやすくしてくれるので、古い角質を除去してキレイにすることができます。

また、古い角質は足の臭いの原因にもなるので、炭酸足湯をすることで足の臭いの軽減にもつながります。

クエン酸の代わりにお酢をいれてもいいわよ
マコ

靴の臭い消しにも重曹を

重曹で靴の防臭
古くなったストッキングに重曹を入れると、お手軽な靴の消臭剤ができます。

重曹の効果は2~3ヶ月ほど続くので、シーズンごとに取り換えると良いかもしれませんね。

足のお手入れだけではなく、靴もケアすることが足の臭いの除去には大事ですよ。

重曹はお風呂に入れてもGOOD

重曹風呂
重曹は、足だけではなく全身の皮脂汚れも取り除いてくれます。
「美人の湯」と知られる温泉には重曹成分が多いことも有名です。

さらに重曹を入れたお風呂にアロマオイルを数適足せば、リラックス効果のある簡単な入浴剤になります。

持ち歩きできる重曹スプレーが便利

重曹スプレー
足の臭いが改善するまでの間は、重曹スプレーを作って持ち歩いていると出先でも安心して過ごすことができます。

重曹スプレーの作り方

水1カップ(200CC)に重曹大さじ1杯を溶かしてスプレーにいれるだけ!

これをスプレー容器に入れて、足に吹きかけるだけで手軽にケアすることができます。

普段から持ち歩いて、こまめに足の臭いをお手入れしましょう。

重曹はどれを使ってもいいの?100均のものでも大丈夫?

重曹には、食用、掃除用(工業用)と種類があります。
これは、含まれている重曹の純度の違いでもあります。

掃除用の重曹は、食用のものと比べて粉が荒く、不純物も多くなっています。
界面活性剤などの余分な物質が入っている可能性も高いので、足湯には必ず食用の重曹を使うようにしましょう。

100均やスーパーなどで、食用の重曹は手に入れることができます。

重曹の他にクエン酸も100均で手に入るわ。コスパ最強ね!
マコ

重曹で足の臭いが取れない場合

重曹で臭いが取れない場合
酸性のイソ吉草酸が原因の足の臭いに効果的な重曹ですが、どんな臭いにも万能というわけではありません。

重曹を使っても足の臭いが取れない場合は、アンモニア臭が発生していることが考えられます。

疲労やホルモンバランスの乱れが原因で起こるアンモニア臭はアルカリ性なので、重曹ではケアすることができません。

また、水虫が臭いの原因となっているケースもあるので、その場合は適切な治療が必要です。

水虫

水虫が原因の臭いは、重曹では消すことができません。
水虫は皮膚疾患なので、必ず病院に行って適切な治療を受けるようにしましょう。

ストレスなどによるアンモニア臭

ストレスやホルモンバランスの崩れによるアンモニア臭も、重曹では消すことができません。

重曹が効果を発揮するのは、酸性の臭いだけです。
アルカリ性のアンモニア臭には、同じアルカリ性の重曹を使っても中和できません。

そこで、アンモニアが原因の臭いには、ミョウバン水のスプレーを使うことをおススメします。

ミョウバン水の作り方

水350CCに、ミョウバンを大さじ1杯入れて溶かすだけ!

これをスプレー容器に入れて、気になる部分に吹きかけます。

重曹足湯も併用すると、酸性の臭いとアンモニア系の臭いの両方をケアすることができます。

酸性臭、アルカリ性臭どっちでも来い!!
マコ

靴下や靴も清潔に

足の臭いケアには、重曹足湯をするだけではなく、靴下や靴も清潔にすることが大切です。

靴は重曹を溶かした水をスプレーすると簡単にケアすることができます。
また、靴下は重曹を溶かしたお湯で洗うと、菌の繁殖が防げます。

汗はふきとる

足に汗をかいたら一度ウェットティッシュなどでふきとりましょう。
そうすることでかなり臭いも防ぐことができます。

会社の昼休みなどでトイレで行ったり、蒸れたストッキングは取り替えてもいいですね。

食生活にも注意が必要

食事の改善で臭いケア
足の臭いのケアするためには、食生活にも気を配ることが大事です。

食べているものでも足の臭いは変化します。
脂っぽいものばかり食べていたり、動物性の食品を多く摂っていたりしませんか?

また、栄養の偏った食事をしていると、腸内環境が悪くなって、足の臭いの原因にもなります。

体調が悪くなって免疫が下がると、抵抗力が弱まって、雑菌が増殖しやすくなります。

タバコやアルコールを摂取している人も、体臭が強くなる傾向があるので注意が必要です。

日々の生活からの注意も足の臭いケアには大切ね
マコ

爪の間や指の間もしっかり洗う

足の臭いは気になっているものの、なんとなく洗うだけで済ませていませんか?
足の爪の間や、指の間もしっかり洗わないと、皮脂や古い角質などは落ちてくれません。

まずは、お風呂に3分ほど浸かって足の皮を柔らかくしていきましょう。
重曹足湯や炭酸足湯でも構いません。

次に、石鹸を泡立てて、手でやさしく洗っていきます。
このとき、汚れや角質の溜まりやすい爪の間や、指の間も意識して洗うのがポイントです。

爪ものばさず短く切っておくと垢もたまりにくいですよ。

しっかり足を洗うことで、臭いの原因を落としていきましょう。
マコ

重曹足湯のデメリットと注意点

重曹足湯のデメリット
いいことずくめの重曹足湯ですが悪いところはないのでしょうか。

乾燥や肌荒れの可能性も

重曹足湯をすると、アルカリ性が強く働いて肌荒れを起こしてしまう場合があります。

重曹をたくさん入れたからといって、重曹足湯の効果が上がるわけではありません。
重曹の量は必ず適量を守って使うようにしましょう。

また、重曹足湯の後は、足をシャワーで洗い流してきちんとふき取ってください。
きちんとふき取らないと、肌荒れの原因にもなってしまいます。

重曹足湯の頻度は、週に3回ほどが目安です。やりすぎは禁物ですよ。

ヌルヌルするけど大丈夫?

重曹足湯をした後に、ヌルつきが気になる場合がありますが、これは気にしなくて大丈夫です。
このヌルヌルは、重曹のアルカリ性によって皮膚のタンパク質が柔らかくなった結果です。

シャワーでよく洗い流して、ふき取っていれば問題ありません。

重曹足湯の適温は38~40℃を守って

重曹足湯をするときに、強い効果を狙って高い温度にするのはやめましょう。

とくに60℃以上のお湯を使うと、お湯は強アルカリ性になってしまい、肌荒れや乾燥などの悪影響を与えてしまいます。

温度は適温を守ることが、キレイで臭わない足への近道です。

まとめ

重曹足湯で足の臭いを解消
重曹足湯は、イヤな足の臭い取りに大変効果的であることがわかりましたね。

足湯でリラックスしながらケアできるのもうれしいポイントです。
血の巡りも良くなるので、むくみも取れて一石二鳥ですよ。

重曹足湯でしっかりケアして、足の臭いというストレスから解放されちゃいましょ!
マコ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スキンケア

Copyright© 美マコスメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.