いつまでもキレイでいたい女性のために

美マコスメ

毛穴

いちご鼻の治し方やおすすめの洗顔方法をご紹介!毛穴パックは逆効果?

更新日:

いちご鼻の改善

「いちご鼻や毛穴の黒ずみが気になるけど、どうやって治したら良いの?」
そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

ここでは、気になるいちご鼻や毛穴の黒ずみを自分で簡単にケアする方法をご紹介します。

正しい改善方法を身につければ、いちご鼻のお悩みを解消してきれいな素肌作りもできますよ。
マコ

毛穴の黒ずみやいちご鼻になる原因とは?

どうしていちご鼻ができるの?
なぜ毛穴が黒ずんだり、いちご鼻になったりするのでしょうか。

あらためていちご鼻になる主な原因について見ていきましょう。

毛穴に詰まった汚れが酸化する

毛穴の詰まり
毛穴に詰まる汚れには、古い角質や皮脂、ほこり、老廃物などがあります。

これらの汚れが長時間毛穴に詰まっていると、やがて酸化し、皮膚の表面が黒ずんでしまいます。

また、毛穴に汚れが詰まると毛穴自体が広がりますので、影が濃くなってしまい黒く見えます。

毛穴汚れが酸化すると普通の洗顔では落とすことが難しくなります。

特に鼻は皮脂が多いので毛穴が詰まったりニキビができたりしやすいです。

毛穴の汚れを放っておくのは危険なんですね
マコ

メイクで毛穴を塞いでしまう

乾燥肌の方でも“Tゾーンだけはテカってしまう”というお悩みをお持ちの方は多いです。
それくらいおでこから鼻にかけては皮脂が多く分泌される部分です。

Tゾーンをファンデーションなどで塞いでしまうと、ただでさえ皮脂で詰まりやすくなっている毛穴は黒ずみ、いちご鼻になりやすいのです。

メイク落としが十分でない場合も、黒ずみの原因になります。

皮膚の新陳代謝の低下

皮脂の分泌だけでは角栓にはなりません。

加齢や紫外線などの影響を受けると肌の新陳代謝は低下します。

皮膚に残った古い角質が皮脂と混ざると毛穴が塞がってしまい、角栓ができる原因になると考えられています。

過剰な洗顔

肌に残った汚れを落とそうと洗顔を頻繁にされる方がいますが、洗顔のし過ぎもまた、皮脂の分泌を招いてしまいます。

汗や汚れをしっかり落とそうと1日に何度も洗顔してしまうと本来、肌に必要な皮脂も一緒に洗い流されてしまい皮膚が乾燥した状態になります。

その結果潤いを取り戻そうとして、肌が皮脂を過剰に分泌するという悪循環に陥ります。

何事もやり過ぎは禁物です。
マコ

いちご鼻の解消にはまずは洗顔を見直そう!

いちご鼻は、自然に落ちるはずだった角質や汚れが、何らかの原因で皮膚に残り、毛穴に詰まっている状態です。

治りにくいと思われがちな“いちご鼻”ですが、間違ったケアをやめたらすっかり解消されるケースも少なくありません。

いちご鼻の予防のためには、まず正しい洗顔とスキンケアをして、肌の水分と油分のバランスを整えましょう。

いちご鼻や毛穴の黒ずみ解消の鍵は正しい洗顔!

正しい洗顔でいちご鼻防止
いちご鼻や毛穴の黒ずみを改善するための第一段階は、毛穴に詰まっている汚れを落とすことです。

毛穴の黒ずみの予防や再発防止のためには、やはり正しい洗顔と洗顔後の毛穴ケアが大切になります。

正しい洗顔方法をマスターするまで多少時間がかかりますが、1度覚えてしまえば一生使えるものです。

面倒に感じるかもしれませんが、美肌作りのためにもぜひチャレンジしてくださいね。
マコ

正しい洗顔方法をマスターしよう


正しい洗顔方法はどのような手順で行えば良いのかをご説明します。

step
1
小さめのタオルをレンジで約1分温め蒸タオルをつくり、顔に数分間乗せる。


毛穴が開き、汚れが落ちやすい状態になります。
蒸タオルはやけどしないように冷ましてから使いましょう。

step
2
クレンジングを顔になじませてメイクや汚れをうかせる。
オイルやジェルクレンジングを使う場合はしっかり乳化させるのがコツです。
手のひらについた少量の水で乳化させましょう。

乳化できたサインは白くにごってサラサラに水っぽくなることです。

(※W洗顔不要のクレンジングの場合はステップ4にすすみます。)

step
3

洗顔料をよく泡立たせてから、泡を優しく毛穴に押し当てるイメージで洗う。


洗顔用泡立てネットを使い、洗顔料をよく泡立ててください。

その後、顔を泡で包み込むように洗い、小鼻の部分は指のはらで優しく回すようにして汚れを落とします。

力を入れて擦らないように注意してくださいね。

step
4
ぬるま湯で丁寧にすすぐ


熱いお湯を使うと肌を痛めてしまいますので、洗い流す際には35度くらいのぬるま湯を使ってください。

お風呂で洗顔するときに、シャワーを使って洗い流すと早くて便利ですが、デリケートな顔の皮膚には熱すぎるかもしれません。

大切なポイントは、ぬるま湯で時間をかけて丁寧に洗い流すことです。
マコ

また仕上げに冷水で適度に毛穴をひきしめるのも良いです。

洗い終わったら、顔を押さえるようにして、柔らかめのタオルで水分を拭き取ります。
このときも、タオルで顔を擦らないように気をつけてください。

いちご鼻や毛穴の黒ずみに効果がある洗顔料

いちご鼻には石鹸がおすすめ
毛穴汚れに効果がある洗顔料を選ぶことは、いちご鼻や毛穴の黒ずみの解消には欠かせません。

正しい洗顔と洗顔料のダブルの効果で毛穴汚れを落としましょう。

オススメなのは、保湿成分や美容成分がしっかり配合されているもの。

合成界面活性剤が含まれた洗浄力の強いものです。

肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいお肌の乾燥の原因になってしまうのでなるべく無添加のもを選びましょう。

固形石鹸

毛穴ケアにおすすめなのが弱アルカリ性の固形石鹸洗顔です。

毛穴の黒ずみの原因である酸化した汚れは、タンパク質です。
タンパク質を落とすために有効なのがアルカリ性になります。

「弱アルカリ性」の洗顔石鹸は肌に優しいため、肌を傷つけることなく汚れだけを取り除けます。

液体やクリームタイプと比べて成分にばらつきや洗浄力が強すぎるものもなく比較的安心して使用できます。

クレイ洗顔

多くのミネラルを含んでいて粘土から作られるのがクレイ洗顔です。

細かい粒子が毛穴の奥まで入り込んで酸化した皮脂も落としてくれるのでいちご鼻改善には効果的です。

他にもニキビや吹き出物の原因になるアクネ菌へも作用してくれるので色々は肌トラブルを解決してくれます。

さらに豊富なミネラルがバリア機能をアップしてくれてターンオーバーの正常化に働きかけてくれます。

W洗顔不要クレンジング

クレンジングはW洗顔不要のものでメイクをしっかり落とせるのであれは、肌にかかる負担は最小限に抑えられます。

ですが、皮脂の汚れをとるために週に2,3回は固形石鹸などで洗顔も併用するのがいいですよ。

いちご鼻や毛穴の黒ずみ改善のためのオススメ洗顔料3選!

いちご鼻や毛穴の黒ずみに効果がある洗顔料を3つご紹介します。

然よかせっけん

然(しかり)よかせっけん
「然よかせっけん」は、超微粒子の火山灰配合で、毛穴の細部にまで入り込み汚れを取り除きます。

自然由来の成分が使われているので肌に負担をかけることがありません。

また、コラーゲン、ローヤルゼリーに加えて今大注目のシリカといった美容成分が配合されているところも嬉しいですね。

無着色、無香料で防腐剤や鉱物油も使用していないので、完全無添加なので敏感肌の人も安心して使うことができます。

詳しくはコチラ

どろあわわ


どろあわわは美容泥として有名なマリンシルトを使用した練り石鹸タイプの洗顔料になります。

ネット(付属品)で泡立てると、もちもちの弾力性に富んだ泡ができます。
吸着力が高い泡ですので、余計な力を入れずに優しく洗っても汚れがしっかりと落ちます。

取れにくい毛穴の角栓もケアしてくれるので、きめの整った美肌を目指せます。

詳しくはコチラ

ビーグレン・クレイウォッシュ

ビーグレンクレイウォッシュ
ビーグレンのクレイウォッシュは、天然クレイに着目して作られた商品です。

天然クレイとは、土の粘土質の部分から採取される成分です。

超微粒子の天然クレイである“モンモリロナイト”が細かい毛穴の奥まで入り込み、皮脂や角栓、黒ずみなどを吸着します。

クレイウォッシュは泡立ちませんので、肌に優しくなじませるようにして洗いましょう。

詳しくはコチラ

いちご鼻に効果ありのW洗顔不要クレンジング

W洗顔も不要で毛穴への効果が高いクレンジングを紹介します。

マナラ・ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル
マナラのホットクレンジングゲルはW洗顔不要のうえ、成分の91.3%が美容液で作られています。

保湿成分が豊富に含まれていますので乾燥肌の方も安心して使えます。
美容成分が古い角質を柔らかくするので、毛穴に詰まった汚れも落としやすくなります。

オリーブ油やメドウフォーム油によって浮き上がった毛穴汚れを、吸着力のあるゲルが絡め取る仕組みです。

ホットクレンジングゲルに配合されている多くの美容成分により、肌の潤いを逃すことなく、しっかりとクレンジングができます。

詳しくはコチラ

いちご鼻を予防する!洗顔後は保湿ケアと収れん化粧水で毛穴を引き締め!

保湿ケア
肌の乾燥は皮脂分泌を招く原因の1つです。

洗顔後すぐに化粧水などを使って保湿することで、乾燥を防ぐことができます。

肌の保湿には、過剰な皮脂分泌を抑え、毛穴の開きを防ぐ効果があります。

化粧水や乳液、美容液で保湿をしていきましょう。

保湿ケアの締めくくりには、収れん化粧水を使って毛穴を引き締めます。

やり方

  1. コットンに多めに化粧水を含ませ、軽くパッティングします。
  2. 鼻の部分は、力を入れ過ぎない程度に他の部分よりやや丁寧にパッティングし、毛穴を引き締めます。
  3. 乾いたコットンでパッティングをすると肌を傷つけますので、途中で水分が足りなくなったと感じたら、化粧水を足してください。
  4. お顔全体にひんやり感がでたら、パッティング終了の合図です。

収れん化粧水の使い方のコツですが、手で直塗りするよりもコットンを使うことをオススメします。

毛穴は下から上にはえているので空気を含ませ下からパッティングするのがコツです。

また皮脂の過剰分泌を抑えてくれるビタミンC誘導体が含まれているものが良いでしょう。

皮脂を抑制してコラーゲンを増やしてくれるのでたるみ引き締めてくれます。

ビタミンC誘導体は不安定なので美容液などより化粧水が適しています。

肌の水分不足も毛穴黒ずみの原因

肌の角層の中で、水分や油分を抱えているセラミド。

このセラミドは加齢とともに減少していき、肌の乾燥を招きます。

セラミドの減少によって肌が乾燥すると、ハリが失われ、毛穴が目立つようになってしまいます。

毛穴の黒ずみに悩んでいる方は、セラミド不足にも気を配りたいですね。

おすすめはセラミド配合の美容液でしっかり保湿することです。
マコ

毛穴パックを使った正しいケアの仕方

鼻パックでいちご鼻解消
毎日のお手入れを頑張っていても毛穴が気になる!というときには、毛穴パックが有効です。

でも、毛穴パックを使うと逆に毛穴が開いてしまうので、あまりやらないほうが良いという意見もよく聞きますね。

それは正しくて、毛穴パックは正しく使わないと毛穴が開いたままになってしまいます。

ですが頻繁に使わないなど注意すれば詰まった毛穴ケアに有効ですのでしっかり使い方をマスターしておきましょう。

毛穴パックはまず肌を温めてから!

蒸しタオルで温め
毛穴パックを使って毛穴が開いてしまう理由は、角栓が取れるときに毛穴を押し広げてしまうからです。

これを避けるためにも、毛穴パックはまず肌を温めて、毛穴がきちんと開いた状態で使うことが大事です。

一番おススメなのは、ホットタオルを使う方法です。

少し面倒かもしれませんが、毛穴の汚れが気になっている方はやったほうがいいです。

肌への負担も最小にケアすることができます。

ホットタオルを作るのがどうしても面倒だという方は、お風呂上りで毛穴が開いた状態で使う方法もアリです。

毎日のスキンケアをしっかりしながら、月に2回程度を目安にスペシャルケアをしていきましょう。

毛穴の黒ずみが気になる方は、ぜひやってみてください。

毛穴パックはアフターケアも大事

はがすタイプの毛穴パックは肌への負担も大きいので、念入りなアフターケアをすることが大事です。

手順は次の3ステップです。

step
1
ローションパックできゅっと引き締める


たっぷりと化粧水をしみこませたコットンを、鼻に乗せて5分待ちます。

step
2
美容液でしっかり保湿


毛穴パックをした後は肌が乾燥しがちなので、しっかりと保湿をしましょう。
美容液は保湿タイプを選んだほうが良いです。

step
3
乳液やクリームで美容成分に蓋


スペシャルケアの仕上げとして、乳液やクリームで肌に蓋をしましょう。

乾燥対策にも、セラミド配合の乳液やクリームを選ぶのがおススメです。

シートタイプよりも刺激の少ないクレイパック

角栓が取れるのが目に見えるので人気の高いシートパックですが、肌への負担を考えると避けた方が無難です。

刺激が少ない毛穴ケアは、クレイパックです。

塗って流す手間はありますが、肌への負担を最小限に抑えながら毛穴ケアできます。

シートタイプと比べると、鼻以外にも使えるという点でもおススメです。

適度なピーリングも選択肢に

ぷつぷつとした頑固ないちご鼻には、ピーリングをしてみるのもひとつの手段です。

これは、グリコール酸や乳酸などのAHA(αヒドロキシ酸)を使って、酸の力で角質を溶かすケアです。

鼻を部分的にピーリングしたい場合は、刺激の少ないジェルタイプのピーリング洗顔料などを使ってみましょう。

肌のターンオーバーを正常化させることができます。

ただし、ピーリング自体はいちご鼻の根本的な対策ではないですし、やりすぎると肌のバリア機能にダメージを与えてしまいます。

鼻パックと同じく月2回程度を目安にしましょう。

適度な頻度でおこなえば、顔全体のエイジングケアにもなります。
マコ

メイクの力で毛穴の黒ずみ・いちご鼻をカバー

メイクでいちご鼻をカバー
洗顔や保湿に気をつけてみても、すぐに効果が出にくい毛穴の黒ずみやいちご鼻。
なかなか一日で改善するものではありません。

でも、今日どうしても毛穴をなくしたい!という時には、メイクの力を借りてみるのも良いでしょう。

念入りにメイクすることで、キレイにカバーすることができますよ。

丁寧な洗顔・保湿でメイク乗りをキレイに

まずは丁寧に洗顔と保湿することからメイクを始めましょう。
肌の汚れや乾燥をしっかりケアすることで、メイクの乗りはぐんと良くなります。

正しい洗顔と効果的な保湿ケアで肌を整えていきましょう。

黒ずみにはオレンジ系・ベージュ系の化粧下地

肌の凹凸を均一にするため、ファンデーションの前には必ず化粧下地を使いましょう。
毛穴を目立たなくさせることができます。

また、黒ずみが気になる方には、オレンジ系・ベージュ系の下地がおススメです。

化粧下地は塗った後に軽くティッシュオフすることで、メイクのよれを防ぐことができます。

リキッドタイプのファンデーションでしっかりカバー

黒ずみの気になる肌には、カバー力のあるリキッドタイプをチョイスしましょう。

顔の内側から外側へ顔に立体感をだすように塗っていきます。

スポンジを使うと手で塗るよりも、ムラなく仕上げることができます。

気になる小鼻は、このスポンジに残ったファンデーションでトントンとスタンプ塗りをしましょう。

毛穴隠したいからといって、厚塗りにすると逆に凹凸が目立つ結果になってしまい、逆効果です。

フェイスパウダーはマットタイプを選ぼう

最後に、マットタイプのフェイスパウダーを全体にさっとのせます。

ラメタイプよりも、マットのほうが毛穴をキレイに隠せるので、ぜひお試しを。

いちご鼻・毛穴の黒ずみを取り除く5つの裏ワザ

洗顔や保湿など、通常のケアの他にも取り入れたい5つの毛穴ケアを紹介します。

プチプラですぐに実践できるのでおススメなので補助的に取り入れてみてくださいね。

毛穴パック

ニベアパック

  1. まずは鼻にニベアを塗ってラップします。
  2. そのままお風呂に浸かったり、ホットタオルで温めたりすることで毛穴を開かせます。
  3. 最後に、洗顔料を使ってニベアをしっかり洗い流していきます。

毛穴の中に詰まった汚れを、きちんと落とすことができますよ。

オロナインパック

肌のトラブルにもよく使われるオロナイン。これをパックに使う方法もあります。

  1. まずは、オロナインを鼻に塗って約10分放置します。
  2. その後、オロナインを洗い流していくだけ。

これだけで、気になる角栓のケアができます。

ワセリンパック

ワセリンでパックをすると、皮脂とワセリンが同化し、角質が柔らかくなります。

  1. 洗顔後ワセリンを鼻に塗っていき、そのままの状態で20分キープ。
  2. その後、きれいに洗い流して最後に保湿ケアするだけです。

いちご鼻の気になる方におススメです。

ベビーパウダーを使って洗顔

ベビーパウダーで毛穴ケア
毛穴の汚れには、ベビーパウダーを使って洗顔してみましょう。

洗顔料に、小さじ1杯程度のベビーパウダーを混ぜるだけです。

ベビーパウダーが毛穴に入り込んで、黒ずみの原因を洗い流してくれます。

綿棒とオイルを使った角栓ケア

ベビーオイルで毛穴ケア
毛穴の皮脂汚れやメイク汚れは、そもそも油なじみが良いので、オイルを使った方法で落とすことができます。

やり方

  1. まずは保湿して肌を整えます。
  2. 次に、オイルを染み込ませた綿棒で、小鼻の気になる部分をくるくるとマッサージしていきます。

綿棒の滑りが悪くなってきたら、オイルをつけ足したり、直接肌に塗ったりしても大丈夫です。

綿棒を肌に強くこすりつけず、やさしくマッサージするのがコツです。

毛穴の皮脂汚れやメイク汚れが、するすると落ちていくのを実感できます。

使用するオイルは、ベビーオイルなどでも問題ありませんが、香料などの添加物が入っていないものを選びましょう。

毛穴の黒ずみ・いちご鼻を悪化させる行動に注意しよう

間違ったいちご鼻のケア
間違ったスキンケアや、普段の行動が毛穴の黒ずみやいちご鼻を悪化させてしまいます。

こんな行動はしていないか、チェックしてみてください。

毛穴の角栓を押し出してしまう

毛穴に詰まった角栓を、ニュルっと指や爪で押し出したりしていませんか?

これでは、毛穴がパックリと開いてしまい、さらに汚れが溜りやすくなってしまいます。

角栓を押し出す、汚れが溜まる、また押し出す…なんていうことを繰り返していると、肌はクレーター状になり、取り返しがつかなくなります。

毛穴の角栓は、絶対に手で取り除かないようにしましょう。

鼻に泡パックをしている

一見良さそうなケアですが、これもNG行動です。

鼻に泡を長時間乗せると、肌に必要なうるおいまで奪われてしまいます。

乾燥した肌は余分な皮脂を分泌するので、皮脂が過剰になってしまい、また毛穴が詰まる原因にもなってしまいます。

泡を乗せる時間は30秒間と手早くし、洗い流しをしっかり丁寧におこないましょう。

週に1回以上毛穴パックをしている

パックのやりすぎは禁物です。

頻繁にパックをしていると、皮膚を傷つけてしまったり、毛穴が余計に開いてしまったりする原因にもなります。

毛穴パックは月に2回程度を目安に、正しいやり方でおこないましょう。

食べないダイエットをしている

美に敏感な人がやりがちなNG行動がこれです。

食べないダイエットをしていると、栄養不足に陥り、健康な肌が作られなくなってしまいます。

たんぱく質や野菜などをしっかり摂って、バランスの良い食事を心がけましょう。

気にしすぎて顔を触ってしまう

顔の触りすぎにも要注意です。

肌を傷つけたり、毛穴が硬くなってしまったりする原因にもなります。
さらにこれらは黒ずみの原因にもなるので、顔はあまり触らないようにしましょう。

毛穴の黒ずみといちご鼻の根本的な対策

毛穴の黒ずみやいちご鼻を根本的な改善・予防は、普段の生活習慣をちょっと見直すだけでも十分に対策できます。

皮脂を過剰に分泌させないこと、新陳代謝を低下させないこと、乾燥させないことが大事です。

次の5つのポイントに注目して、ほんの少しだけ生活を変えてみてはいかがでしょうか?

①良質な睡眠をとる

良質な睡眠
睡眠不足は美容に悪いだけではなく、免疫機能の低下、血行不良、ホルモンバランスの低下の原因にもなります。

とくに、22時から2時は肌のゴールデンタイム。

成長ホルモンがもっとも活発に出る時間帯で、皮膚を作ったり、新陳代謝が活発になったりすると言われています。

このゴールデンタイムの時間帯に睡眠がとれるように、なるべく早く寝ることを心がけましょう。

早く寝るのが難しいという人は、できるだけ睡眠の質を高めるように、寝る直前はスマホの画面を見ないようにするなどの対策をしましょう。

②ストレスを溜め込まない

リラックス
ストレスは、睡眠不足同様、免疫機能の低下や血行不良、ホルモンバランスの低下につながります。

そしてこれらは、皮脂を過剰に分泌させる原因にもなってしまいます。

普段の生活が忙しいという方も、たまにはリラックスする時間を作りたいですね。
ハーブティーやマッサージ、ヨガなども心のリラックスには最適です。

③脂分、炭水化物の摂りすぎを避ける

油っぽい食べ物は避けよう
脂っぽいものの食べ過ぎは、体重を増やすだけではなく、皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

また、炭水化物や糖分の摂りすぎも皮脂の分泌に影響します。

食事は脂分、炭水化物の摂りすぎを避けましょう。

とくに、お菓子をついつい食べてしまうという方は要注意です。

たっぷり含まれた油分が、皮脂の分泌に拍車をかけているかもしれません。
ニキビなどの肌トラブルも増加してしまいます。

④毛穴の黒ずみ・いちご鼻に良い食品をとる

いちご鼻防止に良い食品
肌に良いと言われる食品は、動物性たんぱく質です。

カロリーが気になる方は、鶏肉や魚介類からしっかりとたんぱく質を摂りましょう。

また、野菜は生で食べるよりも温野菜にするのがベター。

ほうれん草やニンジン、じゃがいも、カリフラワーなどがおススメです。

海藻や豆、納豆、味噌汁なども美肌に繋がります。

脂の多い洋食よりも和食を、栄養バランスの悪い外食やコンビニ飯よりも自炊を心掛けていきましょう。

⑤紫外線対策は必須!

紫外線対策をしよう
シミの原因となるだけではなく、乾燥の原因にもなる紫外線。

乾燥すると、毛穴がたるんで目立つようになってしまいます。

ほんのちょっとの外出だからと油断せずに、日焼け止めなどでしっかりと対策しましょう。

クリニックでのいちご鼻・毛穴の黒ずみの治療

クリニックでいちご鼻ケア
毎日スキンケアをしているけれども、効果がなかなか見られない…そんな場合は、クリニックでの治療も視野に入れてみましょう。

エステサロンや皮膚科での治療は、もちろんお金はかかりますが効果が期待できます。

ここでは、ケミカルピーリングとレーザー治療について簡単に説明します。

ただし、実際に治療を受ける際には、十分に専門医と相談してみてください。

ケミカルピーリング

ホームピーリングで使うAHAに加えて、それよりも強いBHA(ベータヒドロキシ酸)などの酸を使って、角質ケアをおこなう方法です。

毛穴の奥の角栓や古い角質など、いちご鼻の原因になりうるものを化学的に溶かして除去し、ターンオーバーを促します。

効果はホームピーリングより確実ですが、その分刺激が強くなっています。
また、結果の出方は個人によって異なるので、いちご鼻の程度によっては数回の施術が必要な場合もあります。

レーザー治療と比べると痛みが少ない方法ですが、酸の刺激で肌に赤みを帯びたり、皮膚が硬くなってしまったりするケースもあるので注意が必要です。

レーザー治療

肌にレーザーを照射することでターンオーバーを促す方法です。

毛穴の開きや色素沈着のあるいちご鼻、脂性肌によるいちご鼻、毛穴のたるみなどに効果があります。

ケミカルピーリングと比べると、リスクや痛みは少なく、効果は高いですが、それでも施術中・施術後の傷みはあります。また一度で十分な効果が得られないケースもあります。

他にも、新たな色素沈着のリスクや、料金が高いというデメリットもあります。

まとめ

いちご鼻を解消
顔の真ん中にあるだけに、どうしても気になってしまういちご鼻。

このブツブツの角栓は、日々積み重なってきたものだけに、すぐには改善できません。
1回や2回のケアで諦めずに、継続してスキンケアをおこなうことが大事です。

まずは生活習慣を見直して、正しい洗顔から始めてみましょう。

即効性はありませんが、毎日続けることで自信の持てる素顔に近づくことができますよ。

美肌は一日にしてならず!じっくりケアしていきましょう。
マコ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-毛穴

Copyright© 美マコスメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.