いつまでもキレイでいたい女性のために

美マコスメ

ヘアケア

ベタベタ前髪を応急処置!パウダーを使った直し方を試してみた!

投稿日:

べたつかない前髪
よっしー
夕方になると前髪がぺったり・・・出かけ先だからどうしようもできないよ
ちょっと待って!身近なアイテムでサラふわ前髪を復活できるわ!
マコ

夕方になるとべたつきうねる前髪、不潔な感じもするし嫌ですよね(TT)

「でも出かけ先だとどうしようも出来ない(´・ω・|||)」

こんな時は実はベビーパウダーを使ってベタベタ前髪をさらさらに復活させられちゃうんです!

ここでは前髪のベタつきに悩む私が実際にお試ししたパウダーでの応急処置の効果ややり方を教えちゃいます。

また、もう前髪をベタつかせないためのシャンプーやスキンケア、生活習慣で気をつけたいことも徹底解析しているので良ければ参考にしてみてくださいね^^

前髪がベタついてしまった時の応急処置は?

朝、髪をスタイリングしたときは髪の毛はサラふわなはず。

でも、外に出て汗をかいたり緊張をしたりすることで、毛穴から皮脂が出てきて前髪がベタベタしてくるんですよね。

だから、ここからは外出時でもできる応急処置をメインにした対策を教えます!

前髪がベタつくとき、それは外出時。故に応急処置。
マコ

ベビーパウダーで応急処置!

べたつく前髪

前髪のベタつきは、ベビーパウダーを使って応急処置することができるんです。

ベビーパウダーには、皮脂を吸着してくれる効果があり軽く塗るだけでサラサラにする事が出来ますし、赤ちゃん用のものなので肌に優しいのも安心です。

やり方もとても簡単なので、紹介しますね。

ベビパを持ち歩いてなくても最悪コンビニや薬局でも買えるしね。
マコ

step
1
おでこにベビーパウダーを塗る

おでこにベビーパウダー

まずはおでこの脂をサラサラにするのよ!
マコ

step
2
パウダーを前髪や油分の多い頭頂部にもつける

前髪にベビーパウダー

次に、髪の毛に付着した脂も吸収していくのよ!
マコ

step
3
くしでとかして前髪を整える

ベビーパウダーで前髪セット

よっしー
髪を洗わなくてもセット直後のさらふわに!!
ただし、ベビパで髪が白くなるからしっかり落としておかないとクスクスと笑われるわよ。
マコ

ヘアアイロンなど持参しなくても小さいパウダーケースがあれば場所を問わず楽々お直しできます。

注意点としてはつけすぎると白くなって不自然なので、量は少なめに軽く塗るように気をつけましょう。

日中の応急処置には、携帯するのも簡単な固形タイプが便利でオススメです。

使ったのはコレ

ベビーパウダー
薬用固形パウダー(ピジョン

詳しくはコチラ

また、夜のスキンケア後や、朝のメイク後に前以て軽くベビーパウダーを塗っておくと、ベタつくのを防いでくれますので予防にも使えます。

ちなみにベビーパウダーのお値段は300円ほどで、薬局やドラッグストアなどで簡単に手に入ります♪

ザ・手軽にできる前髪サラサラ術!
マコ

専用パウダーで応急処置!

「ベビーパウダーだとどうしても白くなってしまう」 「コストがかかってもいいからもっと効果が欲しい」という人のために、実は専用のパウダーがあります。

メイクアップアーティストの河北祐介さんとのコラボアイテムで「エトヴォス ミネラルスタイリングパウダー」というものがあります。

粒子が細かく白くなりにくく、スポンジで塗りやすいパウダーです。

大きさもポーチにいれやすい大きさで、気になったときにサッと取り出して 生え際や前髪にポンポンとはたくだけで一気にサラサラになります。

前髪以外のボリュームがほしい部分に使っても、ふわっとさせる効果もあります。

よっしー
お洒落だし使いやすい!
トイレなどで使っていても女子力ありと注目されそうね
マコ

詳しくはコチラ

もう前髪をベタつかせない!おすすめの改善・対策方法とおすすめアイテム3選

パウダーでの応急処置は確かに効果的ですが一時的に防ぐものになります。

ここではもう前髪をべたつかせないために根本からの改善方法を詳しく紹介します♪

根本からべたつきは根絶やしよ!!
マコ

髪の洗い方で予防する3ステップ!

シャンプーの仕方を間違っていると、ベタつきの原因になります。
ここで、正しいシャンプーの仕方をおさらいしてみましょう。

step
1
お湯でしっかりと予洗いする。


予洗い

実は予洗いだけで髪や頭皮の汚れの7割は落とせるそうです。
予洗いをしっかりしないで余計な汚れが残っていると、シャンプーの泡立ちが悪くなります。

シャンプーで一番大事なのは予洗いよ。これを泡を付ける前に汚れを落としまくるのよ。
マコ

step
2
シャンプーをしっかり泡立てて髪に乗せる


シャンプーの泡立て

シャンプーを濡らした髪に乗せてから泡立てるのは間違いです。
洗顔と同じように先に泡立てて、泡を乗せてから洗いましょう。

シャンプーの原液を頭にのせて泡立てると髪が擦れて傷みにもつながるのよ。
マコ

step
3
頭皮を優しく洗う


泡で優しくマッサージ

頭皮を3分程マッサージするように下から上に向かって優しく指で洗います。

ここで気をつけたいのは洗うのは髪でなく頭皮だということ。
頭皮を洗っているときに流れる泡だけで、髪は十分きれいになります。

予洗いで髪の汚れはだいたい落ちてるわ。ここで洗うのは頭皮、ただし洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシしすぎると余分な皮脂が出てしまうから注意よ。
マコ

洗髪時はここに注意しよう!

シャンプーの注意

髪を洗う時に気をつけたいポイントをまとめてみました。
シャンプーは意外と正しく洗えていない人も多いのでチェックしてみてくださいね。

洗い残し

しっかりとシャンプーしたつもりでも、洗い残しや部分的な洗い不足はよくあります。

そして、せっかく念入りに洗えても、すすぎが足りずにシャンプーが髪に残ってしまうこともあります。

そういった洗い残しはベタつきの原因になります。

また、泡立ちが足りないとシャンプーを足して多めに使ってしまっていませんか?

多くシャンプーを使えば、それをきれいに流し切れていないことも多くなります。
シャンプーは適量を使うようにしましょう。

シャンプーの洗い残しは皮脂や細菌のエサになるのよ。残さないようにすすぎは超入念にするのよ。
マコ

洗えてない

現在販売されているシャンプーのほとんどには、発泡剤が含まれています。

発泡剤が含まれていると泡立ちが良くなりますが、きちんと汚れが落ちているのかどうかが分かりにくくなります。

きちんと洗えているか不安な人は、シャンプーブラシなどを利用するのもいいでしょう。

もし1度で洗えていないと感じるときは、2度洗いしましょう。

界面活性剤が多く使われているシャンプーは泡立つし、洗浄力が強いけどその分皮脂が出やすくなるわ。
マコ

トリートメントの流し残し

トリートメントは、頭皮ではなく髪につけましょう。
頭皮につけてしまうと、なかなか落ちずに残ってしまいます。

使い方を間違えると、頭皮のベタつきや抜け毛、かゆみ、フケの原因になります。

もともとオイリー肌の人は、トリートメントは髪の毛の真ん中あたりから毛先にだけなじませるのがオススメです。

頭皮に近い部分はつけなくても大丈夫です。

トリートメントも洗い残しに注意よ。
マコ

洗い過ぎ

今使っているシャンプー、洗浄力が強すぎませんか?

洗浄成分の「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」が配合されたシャンプーは、洗浄力の強いシャンプーです。
これらの成分は、避けたほうがいいのですが市販のシャンプーにはほとんど入ってしまっています。

洗浄力が強いシャンプーで洗い過ぎると頭皮は乾燥し、皮脂が多く分泌されるようになります。

皮脂の過剰な分泌はベタつきの原因になりますので、洗い過ぎないようにしましょう。

おすすめはアミノ酸シャンプーよ!
マコ

肌質別のオススメシャンプーはこれだ!

前髪べたつき防止シャンプー
前髪のベタつきを改善してくれるのは、洗浄力が強すぎない低刺激のシャンプーです。

頭皮に必要な皮脂は残して、余分な皮脂だけをしっかり洗い落としてくれるものが理想です。

前髪のベタつきに悩む人はシャンプーにこだわって改善していくのもオススメです。

毎日応急処置するより根本から改善していく努力よ。
マコ

オイリー肌ではないのにベタつく人

普通肌や乾燥肌の人の頭皮がベタつく場合、その原因は3つ考えられます。

  1. 頭皮が乾燥している
  2. 髪を洗い過ぎている
  3. 洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている

3つとも、過剰な皮脂の分泌を促してしまう結果になります。

そんな時は、洗浄力の強すぎないアミノ酸シャンプーがオススメです。

ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー

低刺激なのに洗浄力のある高級なアミノ酸「ラウロイルメチルアラニンNa」が主成分のオーガニックシャンプーです。

天然ハーブで頭皮を清潔に保ち、オリゴ糖・ユズセラミド・ヒアルロン酸などの保湿力でベタつきにくい健やかな地肌を育みます。

ハーブガーデンシャンプーはシャンプーだけでもトリートメントをつけたように髪がうるおいます。

私も取れかけパーマがびっくりするくらいふわっとよみがえって前髪もふんわりまとまるようになりました。

よっしー
私のようなインナードライ肌の人には特におすすめ^^

詳しくはコチラ

もともとオイリー肌でベタつく人

体質的にオイリー肌の人の場合、アミノ酸シャンプーでは洗浄力が足りないので、皮脂が残ってベタついてしまいます。

ですのでオイリー肌の人には脱脂力が強く、保湿成分がしっかり含まれたタイプのシャンプーがオススメです。

守り髪

守り髪
洗浄力が強めのオーガニックシャンプーによく使われる成分「オレフィンスルホン酸Na」が主成分です。

髪のダメージを防ぐアミノ酸も、補助成分として含まれています。

皮脂を取り除く力は強いですが、セラミド・ヒアルロン酸・アルガンオイルなど、保湿力の高い成分が多く配合されていて、髪や頭皮にしっかりと潤いを与えます。

守り髪はアンティークローズのすごくいいかおり!

本物の薔薇の生花のような自然な香りで女子力をあげたい人にもおすすめです♪
洗髪後もさらさらにまとまりますよ。

よっしー
泡立ちもいいし毛穴もしっかり洗えてる感じがする。

詳しくはコチラ

おでこの皮脂対策で予防しよう!

全体的によくまとまっているのに前髪だけが脂っぽく感じる人は、おでこの皮脂が原因かもしれません。

特に汗をかきやすい人は、前髪がおでこの汗に触れベタついてしまいますので、要注意です。

おでこに汗をかいて前髪もベタついたままでいると、吹き出物やニキビなどのおでこの肌トラブルにもつながります。

汗をかきやすい人は、あぶらとり紙やティッシュ、タオルなどでこまめに汗を拭き取りましょう。

また、寝ている間に分泌された皮脂を朝の洗顔できれいに洗い流す際に、前髪の生え際まで洗顔料でしっかり洗うと良いでしょう。

オススメの洗顔料は、細かい粒子で毛穴の奥の酸化した皮脂まできれいにしてくれるクレイ洗顔です。

クレイ洗顔はベタつきの原因の皮脂もきれいにしてくれるのね
マコ

どろあわわ

どろあわわ

「どろあわわ」は美容泥で有名なマリンシルトを使用した練り石鹸タイプの洗顔料です。

どろあわわであわ立て

どろあわわで泡立てた泡は本当に弾力があってもっちもち!
しかもネットで簡単に泡立ちます。

汚れを吸着してくれる泡なので、優しく泡を転がすように洗ってもしっかりと汚れが落ちますよ。

洗いあがりもキメの整った美肌に仕上げてくれます。

よっしー
このモチモチ泡はやみつきになります

詳しくはコチラ

スキンケアで皮脂を抑えよう!

べたつき対策には皮脂を抑える効果のある成分「ビタミンC誘導体」の配合された化粧水がオススメです。

ニキビ用化粧水などによく使われているこの成分ですが、パッケージに配合されていると書いてあればどれでもいいわけではありません。

薬局などのプチプラのものは濃度が低いので、選ぶ際には成分の種類や配合率にも気を付けましょう。

プチプラのものと比べると値段はやや高めですが、やはり高濃度のものを使用したほうが効果がありますので、将来の自分の肌のための投資だと考えましょう!

VC100エッセンスローションEX (ドクターシーラボ )

VC100ローション

ドクターシーラボの「VC100エッセンスローションEX」は高濃度のビタミンC配合化粧水です。

水にも油にもなじむ両性のビタミンC誘導体のパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naが配合され角質まで浸透します。

肌を整える成分で注目のフラーレンも含まれており、柔らかくハリがあるお肌にしてくれます。

私は薬局のプチプラのビタミンC誘導体を使っていたのですがこちらに変えてから皮脂があまりでなくなりました^^

ビタミンC誘導体にもランクあり。成分や配合量をしっかりチェックね
マコ
詳しくはコチラ

頭皮マッサージで頭皮の状態を整えよう!

頭皮のマッサージはとても効果があります。
毎日頭皮をマッサージすることで血流を良くし、頭皮環境を整えます。

頭皮が健康になると、過剰な皮脂を分泌しなくなり、おでこや前髪のベタつきも防ぐ事が出来ますのでオススメです。

ここで、頭皮のマッサージの仕方を紹介します。

頭皮マッサージのやり方

  1. すべての指を使って頭全体を包み込むように頭皮を押します
  2. 少しずつ位置をずらしながら30秒は続けましょう
  3. 頭皮を揉みほぐしていきます
  4. これも少しずつ位置をずらしながら30秒はつづけましょう

マッサージにはオイルを使うと皮脂や毛穴の汚れを取り除くこともできますし刺激も少なくなります。

特に皮脂やベタつきが気になるときには頭皮が柔らかく血行もよくなるので試してみてください。

よっしー
何より気持ちいいので私はほぼ毎日やっています^^
リフレッシュできてベタつきもなくなったら嬉しいわね
マコ

食事を変えると皮脂が出にくくなる?

オイリーな食事を避けよう
髪のトラブルの対処方を考えたとき、ほとんどの人が洗髪剤や頭皮マッサージを思い浮かべますが、実は食事内容も大きく影響します。

食事により油分の摂取が多いと、髪だけでなく体全体も脂っぽく感じるかと思います。

動物性の脂肪と糖質は皮脂腺を刺激してしまうので、摂り過ぎないように注意が必要です。

動物性の脂肪が多く含まれるものは、

  • 牛乳やヨーグルトなどの乳製品
  • 肉類
  • 洋菓子(チョコレートやケーキ等)

です。

動物性の脂肪と糖質は、運動する際に大きなエネルギー源になるので体にとって大切な栄養素でもあります。

ですから、ある程度は摂らなくてはなりません。

ですが、摂りすぎてしまうと過剰な皮脂の分泌や、ニキビ吹き出物などの肌トラブル、メタボなどを引き起こします。

過剰摂取しないように野菜や豆類、海藻類などを取り入れながら栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

適度に運動しよう!

適度な運動
肌は定期的に生まれ変わります。

しかし、運動不足になると新陳代謝が低下して肌の生まれ変わりのサイクルを乱します。

肌の生まれ変わりのサイクルが乱れると、肌や頭皮に栄養が行き届かなくなり様々なトラブルを引き起こします。

頭皮が免疫力を失うと、本来の役目である「健やかな髪の育成」が出来なくなりますので、薄毛・抜け毛やベタつきなどの頭皮の悩みが出てきます。

適度な運動を心がけて、体を健康な状態に保つことは髪や頭皮の健康にもつながるんですね。

睡眠をしっかりとろう!

良い睡眠をとる
夜10時~2時は、肌だけでなく頭皮にとってもゴールデンタイムです。
このゴールデンタイムにしっかりと睡眠時間をとれていないと、自律神経が乱れて皮脂の分泌が増えます。

また、女性ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きがありますが、ストレスや疲れが原因でホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが増えて皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

なるべく疲れをためない、ストレスを解消する、睡眠をしっかりとるなど皮脂の分泌を抑えるような規則正しい生活を心がけましょう。

前髪のアレンジで対処しよう!

前髪のアレンジによってベタつきを予防することもできます。

例えば、前髪を伸ばしてねじり編み込みやポンパドールなどのアレンジをすれば必然的に前髪を触る機会も減ります。

よっしー
私はポンパをよくやりますが簡単でお手軽です

コツもあるので動画もチェックしてみてね。
マコ

長めのパッツンにしても、コテで軽くカールをつければ髪がおでこに触れるのを防ぐ事が出来ますよね。

あとは髪が短めのスタイルの人でも、毛先にワックスやヘアオイルをつけて少しウェット感を出せば、前髪がベタついても「オイルなどをつけてわざとウェットにしているのだろう」と思わせる事が出来ますよ。

もともとオイリー肌の人は、なるべく前髪を作らないようにするというのも手かもしれませんね。

まとめ

前髪やおでこがベタつくのは、皮脂や汗が原因のことがほとんどです。

正しいシャンプーの仕方や頭皮マッサージを取り入れて頭皮環境を改善し、余分な皮脂を分泌しないような状態に持っていきましょう。

頭皮の健康状態を改善することで過剰な皮脂の分泌を抑え、前髪のベタつきを予防することができます。

是非、諦めずに紹介した方法を試してみてください。

スキンケアや生活改善でべたつき知らずの前髪にも改善できるわ
マコ
よっしー
もう外出先で焦ることもなくなって安心できます
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
よっしー

よっしー

30代美容ライターです。肌質はインナードライ。オールインワンなどのアンチエイジングコスメに興味があり日々研究しています。

-ヘアケア

Copyright© 美マコスメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.